失敗する不動産投資家とは

不動産投資

 

「毎月100万円を生む」というような一見興味をそそる収益物件を目の前に夢が広がるのは当たり前。

 

しかしそんな美味しい物件がなぜ売りに出されているのか?

――まずはそんな風に一歩引いて考えるべきです。

 

もしかしたら売主が「相続で税金を払えないから売却」ということもあるでしょうし、「今のマーケットでは既に魅力がなくなってきてしまったから」ということもあるでしょう。

見かけの利回りに惑わされると、痛い目に遭うのは投資家自身です。
物件を買うときは、不動産業者はオイシイ話しかしません。信用するなというよりも、自分で調べろということです。

 

物件を買った後、何もしない投資家もいます。

銀行口座に家賃収入が入金され、ローン返済、管理費などが引き落とされます。この入出金を確認しない。こういう人は空室が出た時にどれだけ残高が減るかも把握しない場合が多いようです。そしてなぜ空室になるのかを考えようともしません。

結局、残高の減り具合から、「お金を生まない物件」と断罪し、新たな物件を購入しようという計画を立てしまいがち。

 

不動産投資で成功したいなら、物件を育てる気持ちが必要です。

掃除が行き届いているか、物件の見た目はどうか、など居住者の気持ちになって物件を見てください。

管理会社任せにしていては、決して物件は育ちません。
空室を諦めず、満室にする努力をしてください。まめに現地に行きましょう。

 

アパート一棟を所有していると、ほぼ50万円~の家賃収入を見込めます。
ですがここで浪費をするのはダメ投資家です。
来年度から税金があります。
家賃収入が増えたからと生活レベルをすぐに上げるのは危険です。

家賃収入が増えて、浪費も増えて・・・・・・では不動産投資家としては成功したとはいえないでしょう。