不動産投資に成功するには

何のために不動産投資をするのか。

これは銀行の融資審査のときに必ず聞かれる質問です。

この時に漠然と「将来の不安」とか「なんとなく儲かるかな」なんていう風に答えてはいけません。

こんな「なんとなく」な答えででは銀行だって不安になります。

「20年後に1億円の資産を作る」「早期退職をするための資金」「生活の足しにする」という人も多いでしょう。

その場合、定年後に毎月20万円プラスの収入が欲しいなどある程度、希望を具体的にしていくと、揃えられる資料も変わってきます。

昔の大家さんといえば、地主で物件の管理も業者任せという人も多かったように思います。

けれど、現代のサラリーマン大家は自らが戦略的に物件に向かい合わなければなりません。

また、自分自身の価値についても考えるべきです。

昔の大家さんみたいに、古くからの地主といったような価値ある資産をたくさん所有しているとか、一流企業に勤務し高収入を毎月得られるとか、自己資金、自宅、有価証券の資産、住宅ローンの負債や、子どもの教育費など今後どのくらい必要なのか、を説明できるか。

銀行や不動産業者との付き合いで、隠し事をしている場合ではないのです。

自分自身の評価を知ることは、悪いことばかりではありません。

自分のことを良くない評価を下していても、銀行や不動産会社からすると、安定していて評価は高い、なんてこともあるのです。

自分を客観的に見ることができるようになるのも、不動産投資を成功させるポイントです。

また、この銀行の融資審査を受ける時に、速やかに資料を揃えると、融資審査が通りやすくなります。

必要書類は整理して、見やすく整える。

銀行も不動産業者も人間です。

きちんとした人に安心感を抱くのは人情というもの。

初歩的なことですが、この初歩的なことがとても大事なのです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です