油断大敵

物件を売るときには用心が必要です。

銀行が融資に積極的な時期、そうでない時期によっては物件の担保価値の評価も変わるということは、自分が融資してもらったときに緩くても、将来的に融資の審査が厳しくなっている可能性もあるということです。

買い主の審査が厳しくなってしまうと、売るのも厳しくなってしまいます。

売り抜けしたいのに、買い手が決まらないなんてことに陥ったときに困らないためにも、借入分を少なくしておくことも考えておきましょう。

また、二件目を買おうとするとき、銀行から決算書が求められます。

物件とどのように付き合ってきたかの成績表ともいえるものです。

これを見て「もっと融資がしたい」と思ってもらえるかどうか。安定した返済ができる人かどうかを見られているということです。

物件を買った一年目は、取得税や登記代など経費がたくさんかかります。出費が大きくなるのも仕方ありません。

ただし二年目となるとそうはいきません。収支がプラスであることを求められるのです。

空室を出さず、家賃収入がしっかり安定して入り続ける、管理費や税金を払っても、きちんとお金が残っていること。

マイナス決算が続くと、返済に黄色信号が点っていると見られてしまいます。

また、個人オーナーは、貸付金の取扱いに注意が必要です。自分の会社の金だからと、貸付金と処理して使ってしまったりしますが、「会社」から見れば、「債権」です。「財産」であり、「返済」してもらわなければならないのです。

銀行から見れば個人(オーナー)への貸付金が膨らんでいるということは「不良債権」が増えているということになるのです。

家賃収入を貸付金処理で気楽に懐に入れ続けるのは辞めておいた方が良さそうです。

お金に対してシビアになりましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です