銀行への返済

ローンの返済が滞り、最悪、銀行が担保に取った物件を売却、競売に掛けることになったら、せっかく手に入れた物件を手放すだけでなく、もう二度と投資の現場に戻れなくなります。

不動産投資家としてやっていくつもりなら、銀行への毎月の返済は何が何でもしなければなりません。

「一回ぐらい」なんてことは銀行には通用しません。一度でも延滞したら、信用はなくなってしまうのです。

空室が増えて家賃収入が減ると、ローンの返済ができなくなっていきます。

銀行に融資してもらう際「期限の利益喪失」ということが契約書に書かれています。

「期限の利益」とは分割払いの権利です。この分割払いの権利で月々無理のない金額の返済計画が建てられるのですが、これを喪失してしまうということは、一度に残金を払えということです。

よほどの富豪でない限り、残金を一括で払えと言われても無理な話。要するに担保にしている物件を売り払えということなのです。

こうならないためにも、空室が増えてローンの返済が苦しくなっても、サラリーマンなら給料からなんとかして払うしかありません。

物件を買っても、いつまでも満室状態が続くわけではありません。居住者本位に管理をし、クレームにもすぐに対応できるようにするには良い管理会社と契約しなければなりませんし、物件をきれいに見せるためにリフォームだってしなければなりません。

良い物件を良いままに維持するための経費が必要だし、どんなにきれいに保っていても、経年すれば家賃は下がります。

さまざまなことを考慮に入れ、淡々と利益の計算をしていかなければならないのです。

また通帳もきれいに使って欲しいところです。

通帳に何回も使途不明の引き出しがあると、銀行側の心証は悪くなります。

小さなところにも気を配って、不動産投資を成功させてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です